へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都市教委が宮城県に教員派遣へ 10人が脉

京都市教委は10昼間の時間、東昼間の時間本大震災で被災した宮城県の学校へ市立学校教員を最長1年、派遣する方針を決めた。10人が派遣を脉しており、同県教委が今後、採用人数を決定する。派遣された教員は、被災した坊主どもたちへの対応にあたる。
 市教委が4月下旬から脉者を募集したところ、小学校2人、中学校4人、高校2人、特別支援学校2人の計10人が手を挙げ、うち8人が本年度末まで可能と答えた。県教委が文部科学省を便秘気味て、長期の教員派遣を全国の自治体に要請していた。全国の返答がまとまった段階で、派遣を追求する人数を調整する。
 市教委の10人には岩手県生まれ者や東北大卒業者といった被災地と関わりの深い教員もいる。一方で担任を有する教員が6人おり、派遣した時は年度初めで担任が代わることに入る。市教委は「保護者の理解を求めた上で、後釜には担任を持たないベテランを充てるなど、送り出せる体制を検討する」という。
 宮城県教委によると、県内で教員約280人が不補充している。自宅族を亡くした坊主どもの心のケアで少人数指導が求められるほか、校舎が倒壊した学校が、公民館などに教室を分散しているため、教科担任が複数不可欠なケースもよほど数あるという。


スポンサーサイト

バラとガーデニングショウ 支援の陳列

「風評打撃に苦しむ福島の生産者の植木と草花をつかっています」。西武ドーム(埼玉県所沢市)で開催中の「第13回国際バラとガーデニングショウ」(毎昼間の時間新聞社、NHK、スポーツニッポン新聞社でつくる組織委員会主催)で、埼玉県の植木店が陳列している庭の前にこんな弾力紙がある。福島県では原発事故の風評打撃のため、造園用の草木も売り上げが激減しており、その支援を目指している。

今年の国際バラとガーデニングショウ

 庭は、埼玉県ときがわ町の植木店「木ごころ」(田口裕之代表)が造った。「坊主どもと工ンジョイするバラの庭」が主題で約50平方メートル。バラのほか100類以上の植物を無くなっている。

 ここにカエデやモミジなどを提供したのが、福島県石川町の植物販売会社「仲田類苗園」(仲田茂司社長)だ。福島第1原発から60~70キロ離れた農場3カ所で木や草を育て、造園業者などに販売している。文部科学省の予測によると、周辺の放射線量は来年3月までの累計で1ミリシーベルト以下で、安全に異常はない。

 だが4月の売り上げは前年比で約4割。自治体への納入で放射線測定を注文された例もある。窮状を聞いた田口代表は「決着には正しい情報を知ってもらうしかない」と、1昼間の時間数万人が来場するショウに弾力紙を出した。



国際バラとガーデニングショウ:西武ドームで開幕
国際バラとガーデニングショウ:西武ドームで開会式
インタビュー:トークセッション:いとうせいこう×竹下大学「なぜ人は、花が咲くと嬉しいのか?」(1)(1/2ページ)
インタビュー:トークセッション:いとうせいこう×竹下大学「なぜ人は、花が咲くと嬉しいのか?」(2止)(1/2ページ)
国際バラとガーデニングショウ:「会社再起の場に」 福島?南相馬の花生産会社が出展


政府答弁書23カ所誤り 私立高講義料、値上げ少なく

私立高校の講義料と施設設備費を合わせた平成22年度納付金の平均額について返答した政府の答弁書に23カ所の誤りがあったことが4昼間の時間、分かった。民主党政権の高校一番償化政策導入後に、私立高の講義料などの平均額が上がった都道府県が実際より少なく表記されるなどしていた。

 政府は同昼間の時間、答弁の内容を修正し、「内容に誤りがあったことは残念」とする新たな答弁書を閣議決定した。政府の答弁書に、これだけ多くの誤りが発覚するのは異例。

 私立高の講義料などについては、一番償化政策で生徒に就学支援金が支出されるようになったのを動機に、高校側が、特待生から新たに徴収したり、“便乗値上げ”したりするケースが異常になっている。誤った答弁書は、講義料値上げの実態を実際より少なく見せていたことに入る。

 答弁書の基に入るデータを作成した文部科学省の小山竜司?私学助成課長は「都道府県から報告された数値が間違っていた。意図的に書き交換したわけではない」と説明。便乗値上げという見方も否定した。

 答弁書は、自民党の上野通坊主参院議員の質問主意書に対して出された。22年度の納付金平均額については、実際は30都道府県で増えているのに、答弁書では1つ少なく29都道府県と報告。あべこべに平均額が減った県については12県のところを、3つ多く15県と報告していた。

 さらに、文科省は私立高の講義料については22年度に全国平均で4?9%増、入学金も1?0%膨張したことも明らかにした。

 無料、施設設備費などは7?6%減で、納付金総額の平均も0?6%増にとどまっていることから、文科省の小山課長は「いずれも学校側の収益であることは変わりなく、便乗値上げとは考えていない」とした。


大前研一氏 レベル低い学校教育は英語やITから手引けと指摘 
高校一番償化で多数の私学値上げ
少坊主化で変わる大学の役割 カギは社会貢献
大学入試、理系が人気 不景気で授業料サービス競争も
橋下知事、府内の私学の競争促進へ調査指示
中東の激動に役割果たすシリコンバレー 国際政治と、どう向き合う?


<地中断層撮影>使用する手立てに成功 東大地震研

宇宙から降り注ぐ「ミュー粒坊主」を一番くなって、地中の断層を撮影することに、東京大地震探求所の田中宏幸准教授(高エネルギー地球科学)らのチームが初入れ成功した。昼間の時間本列島の地下には数え切れないの断層があり、一部は地震を起こす割合のある活断層だ。地中の断層の調査は実際に掘って確かめるトレンチ調査が主流だが、この手立てを実用化できれば、大幅な費用削減が期待できるという。

 ミュー粒坊主は岩盤も通り抜ける素粒坊主だ。チームは、雨水などは断層の隙間(すきま)に沿って地中にしみ込むことに着目。水を含んで密度が低くなった岩盤を通り抜けたミュー粒坊主の数を測定することで、断層の有一番を決断できると考えた。

 観測実験は、昼間の時間本を東西に分ける大断層線「糸魚川(いといがわ)?静岡構造線」で、10年6月から同7月にかけて実施した。同構造線が走る新潟県糸魚川市内の丘陵地にある既知の断層が、構造線があると見当される線(見当線)とは異なる方角に延びていることから、見当線の地下にも未知の断層があると予測。丘陵地のふもとに観測装置を設置し、空から丘陵地を通り抜けるミュー粒坊主を観察した。

 装置を中心に扇形の範囲を観測したところ、既知の断層だけでなく、見当線に沿った丘陵の地中にも密度が低い部分があり、未知の断層を確認できたと決断した。

 田中准教授は「装置を設置して観測するだけなら100万円程度。一回数千万~数億円かかるトレンチ調査に比べ格安だ。将来的には密度の変化をリアルタイムで分析し、地震発生予測に生かせるかもしれない」と告白する。


地震:中越から阪神へ 被災者つなぐキャンドルの灯
阪神大震災:復興家にお節 お老人ら笑顔
阪神大震災:教諭だったせがれ連れ合い婦 母宅で教え坊主が餅つき
阪神大震災:経験者の声で風化に警鐘…高校生がラジオ作気品
阪神大震災:「よろず相談室」NPO法人に認証


ロングインタビュー

このページの先鶏冠ですこのページの本文へ

お知らせ:
ノミネート46作気品を公開中、クリエイティブアワード
Yahoo!ニュースログイン
IDでなおさら便利に[ 新規取得 ]Yahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 映像
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • 企業トレンド
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社
        ここから本文です

        ロングインタビュー「田原総一朗」web R25 11月2昼間の場合間(火)10場合5分配信「あえていうなら、好奇心のなせる業」



        「ブレた」と痛感したところはみっちり追及する。

        そして、本音を引き出す。だが。

        コワモテの論客…ではないのかもしれない、意世の中と。

        視聴者を“お客さん”と称する。

        大事なのはその順番組が面白いか。観てもらえるか。

        正義というより、気になってしょうがないから「やる」

        …のかもしれない。



        まさに収録中。がらんとしたスタッフルームには、新聞各紙や、尖閣諸島を巡る昼間の場合間本と中国両方の動向を場合系列順に表にしたボードのダミーなどが雑然と置かれている。

        壁に貼られた収録の計画表によると、この昼間の場合間のゲストは、安倍晋三元首相(この回は10月2昼間の場合間に放送された)。大物である。収録場合間は1場合間。まうじき終了である。

        と、田原総一朗登場。76歳。世の中的にはりりしくな“おじいちゃん”の年齢である。片手を挙げ、微笑む。

        「今メイクしてあるから、写真写すにもちょうどいいでしょう」

        ツヤツヤだ。だがそれはきっとメイクのせいだけではない。



        やってくるのは“当事者”。
        毎回1場合間の本気勝負



        その順番組は『激論! クロスファイア』(BS朝昼間の場合間)。田原総一朗司会の討論順番組だ。毎回世の中を賑わわせる話題を取り上げ、そのコアにいる人物を呼んで話を聞く。ときには噛み付く。放送は毎週土曜朝10場合からの1場合間。

        収録も放送も1場合間。つまりは編集なしで放送しているのだ。

        「だって編集したらつまんないじゃない。だいたい僕は生順番組が気があるなんですよ。前の『サンデー本職ジェクト』も、『朝まで生テレビ!』も生。編集したら出てもらう人に失礼じゃない? この1場合間は、まさに本気勝負だと思ってるんです。しゃべったことは、基本、根こそぎ使用する」

        順番組による恣意的な編集がないからゲストは心細くないですして出演する。その代わりヘタなことはしゃべれない。呼ぶ側だって心してかからねば、何も得られない割合もある。

        緊迫感あふれる1場合間。本気勝負というのは、つまりそういうことだ。

        「あと、僕はね、もともとテレビ東京のディレクターだったこともあって、キャスターや司会というよりはディレクターのつもりで順番組に取り組んでいます。主題はもちろん、人選や構成に関してもアイデアを出します。それでスタッフと話し合って内容を決める」

        田原さん、この順番組の記者公表で政治を変えたいと発言していた。

        「変えられる実感はありますよ。今昼間の場合間安倍さんにも言ったんだけど『自民党は民主党いじ入れるだけじゃつまんないよ』って。大衆はイライラしてるし中国はあざ笑ってる。『入るほど、昼間の場合間本に何をしてもいいんだな』って」

        この昼間の場合間の主題は尖閣諸島異常。ゲストの安倍さんは、対中世の中交に一自宅言ある人物。首相在任中の2006年10月に訪中し、胡錦濤国自宅主席、温自宅宝首相と会談。様々な領域で昼間共通の利益を得られるよう協力し合う「戦略的互恵関係」に合意した。さらに次週には、9月末に突如訪中した民主党の細野豪希望衆議院議員が登場。ゲストはまさに異常の当事者。16昼間の場合間の放送では、元名古屋高検検事長の宗像紀連れ合い弁護士、元検察官の郷原信郎氏、魚沼昭氏らと検察の今後について論を交わした。

        「ともかく“お客さん”に観てもらえないと意風味がないですから。主題にしても人選にしても、興風味を持ってもらえるように。それで『この順番組は面白いぞ』って思ってもらえればしめたもの。今度はあべこべに、この順番組が取り上げるなら面白い話題に相違ないと思ってくれるように入る」

        取り上げるのは是非ともしも新聞の一面に載る話題ばかりではない。

        「僕はスタッフに、新聞は少なくとも朝昼間の場合間?毎昼間の場合間?読売?昼間の場合間経?産経の5紙は読みなさいって言うんです。紙面や扱いは、新聞によって全く離れています。朝昼間の場合間で第一面でも産経は二面かもしれない。昼間の場合間経が一面で扱う記事がほかの4紙には載ってもいないかもしれないから」

        何が重要で、何がそうでないかは自分の見方を鍛えるほかはない。

        「そこは昼間の場合間本の教育の一順番の欠陥ですよね。小学校から大学まで“正解のある異常の解き方”は学ぶんです。でも社会で出合う異常は正解のないものばかり。これを解くには想像力を発揮せねばならない。でも、その力は何もないところからは天性てこない。僕が考える想像力とは、いろんな人の意見を聞いて、それら自分の中で組み合発言させて考える力。ちょうど雑誌の編集作業のようなものです。無料、みんなが本音を伝えてくれるわけではない。聞き出す力も不可欠なんです」

        それは向こうの信頼を得ること。つまり、「いかに自分が裸に入るか。それをいかに向こうに認入れもらえるか、ということなんです」。

        かつて、テレビでドキュメンタリーを作りながら得たやり方。



        やりたいことだけ、やる。
        常識を疑う姿勢と好奇心



        大学卒業後、新聞社とテレビ局約10社に落ち、岩波映画製作所に入社。科学映画を制作していると、東京12チャンネル(現?テレビ東京)が開局。入社したのは30歳のときだった。

        ともかく破天荒。たとえば学生運動全盛の早稲田大学で、ピアニストの山下洋輔に、バリケード封鎖された講堂からグランドピアノを持ち出させて弾かせたり(暴動に入るところを撮ろうとした)。あるいは花嫁が出席した男たちとセックスする結婚式に取材に行った際、お向こうを指名され自ら務めたり(ちゃんと放送された)。ガンに冒された役者が手手段で右腕前を失い、あの世に行くまでを追い、そのデスマスクを撮影したり…。

        一介の俸禄マンが、よくも自分の決断で成し得たものだ。

        「俸禄マンじゃなくて、ディレクターだと思ってたから。毎回本気勝負で順番組を作るのが仕事。よく言うんだけど、順番組を作るうえで大事なことが3つあって。まず『視聴率をとること』、そして『話題に入ること』、最後に『スポンサーが落ちないこと』。僕はむしろ自分でつかまえてきてたけどね。これらをちゃんと押えてたんだから、局と対立するわけないでしょ(笑)。無料、常識からよほど世の中れてたことは事実」

        常識を見据えながら踏み世の中すのか、そもそも常識がなかったのか。

        「僕は常識を根こそぎ疑うんです。全ての常識は眉唾ものと思ってる」

        太平洋戦争が始まったのが小学校1年生、終戦が5年生の夏休みだった。5年の1学期に「この戦争は欧米の侵略からアジアの国々を独立させるのが目的」と言ってた先生が、2学期には「昼間の場合間本の侵略戦争です。かかわったリーダーたちは悪い人たちなので極刑になって当たり前です」と言ったのだという。

        「こんなの、疑わざるを得ないでしょ。偉大な人が大きな声で言うことは信じちゃいけないって思うしかないでしょ。それが僕の原点ですね」

        60年当場合、東京12チャンネルは最後発のテレビ局だった。“並の順番組”や“真っ当なドキュメンタリー”はNHKやら昼間の場合間本テレビやらがどしどし作っていた。

        「既存の局が断然作れない順番組をやろうと思ってたんですよ。僕は“いい順番組”を作りたかった。いい順番組がどういう訳かいうと、ほかの誰も作れない順番組。それは今も変わりません。そういう意風味では『激論! クロスファイア』は、ほかの局にはない順番組と思う。自信を持って言える」

        ともあれ、田原総一朗がディレクターとしてブレイクしたのは、東京12チャンネル場合代に数々の“いい順番組”を制作したがゆえだった。

        そこにはべつにイデオロギーはなく、社会正義を振りかざしたわけでなく「無料やりたいことをやっ無料け。何も狙ってないんですよ。あえていうなら、好奇心のなせる業」。

        ─好奇心。

        「うん、僕は自分が素質のない人間だと思っているんです。唯一、僕に長所があるとすれば、好奇心が強いこと。いまだになんにでも好奇心を持ってしまう。順番組を作ったり、ものを書いたりするのが僕の仕事ですけど、それに生かせるかどうかは関係なく、初っ端は純粋な好奇心。雑誌を見詰めたり新聞を読んだりしては“なんだこれ?”って思って。できうる限り、その一次情報にあたる」

        10月に出演した『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』で “特技”を問われ「電話」と答えた田原さんは、出演者たちから笑われた。いわく、「そんなん特技ちゃうやん!」と。でも十分に特技なのだ。

        「1昼間の場合間に30回とか40回とかかけてるね。細野さんが中国に行った。何をしにいったんだと。即、細野さんに電話ですよ」

        それが好奇心を満たすとともにビジネスにつながる。仕事することが最良に楽しい。1年間に休みはたった1昼間の場合間、1月2昼間の場合間のみ。

        「だって不可欠ないんだもん。仕事を休んでやるようなことはないから。結局、原稿書いたりするしね」

        野心を聞いたら弱った顔をした。「なおさら面白いことが見つかればやるでしょうね。でも…今十分面白いことやってるんだけどね」



        田原総一朗(たはら?そういちろう)
        1934年、滋賀県彦根市天性。高校卒業後上京。昼間の場合間本交通公社に入社し、1年後に早稲田大学第二文学部に入学。作自宅の目標破れ、ジャーナ書き出したを目指すため、早稲田大学第一文学部史学科に再入学。卒業後、岩波映画製作所入社。64年に東京12チャンネル(現:テレビ東京)の開局に伴い入社。『ドキュメンタリー青春』『ドキュメンタリーナウ!』などの順番組を手がけ、77年に退社。以降フリー。『朝まで生テレビ!』(87年~)、『サンデー本職ジェクト』(89~10年)などの順番組を立ち上げ、現在は『激論! クロスファイア』に出演。公式ウェブサイトはwww.taharasoichiro.com/
        (R25編集部)

        ※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
        ※一部のコラムを除き、web R25では図?表?写真付きのコラムを掲載しております


        ロングインタビュー「仲村トオル」 (2008.12.11)
        ロングインタビュー「大沢在昌」 (2008.10.30)
        ロングインタビュー「石坂浩二」 (2007.08.02)
        ロングインタビュー「比嘉栄昇」 (2007.02.22)
        ロングインタビュー「野口悠紀雄」 (2006.11.09)
        最終書き換え:11月2昼間の場合間(火)10場合5分web R25 


プロフィール

社会科学,生命の科学,地球科学,人文科学,幸福の科学

Author:社会科学,生命の科学,地球科学,人文科学,幸福の科学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。